注目キーワード
当サイトはアフェリエイトを利用しております

髭シェービングジェルと泡の違いを徹底比較!どっちが効果的?

髭剃りは、男性にとって毎日のルーティンの一つです。

しかし、肌への負担や剃り残しなど、悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、シェービングジェルと泡の違いを徹底比較し、それぞれのメリット・デメリットを解説します。自分に合った製品を選ぶことで、快適な髭剃りを実現しましょう。

ジェルと泡特徴の比較

特徴シェービングジェルシェービングフォーム(泡)
泡立ち泡立たないきめ細かい泡立ち
滑らかさ高い滑らかさ、密着感やわらかい滑らかさ
透明性透明なので剃り残しが見やすい泡で剃りたい部分が分かりにくい
肌への負担比較的低刺激低刺激、肌を保護する効果が高い
適した肌質脂性肌、髭が濃い方、剃り残しを防ぎたい方乾燥肌、広範囲を剃りたい方、肌に優しいシェービングをしたい方
その他の特徴保湿成分が含まれているものが多い洗い流しやすい

シェービングジェルとシェービングフォーム(泡)には様々な特徴があります。

泡立ちの違い

ジェル: 泡立たないため、剃りたい部分を明確に見ることができます。

フォーム(泡): きめ細かい泡立ちで、肌を柔らかくし、滑らかな剃り心地

滑らかさの違い

ジェル: 高い滑らかさと密着感があり、カミソリの滑りを良くします。

フォーム(泡): やわらかい滑らかさで、肌への負担を軽減します。

透明性と剃り残し

ジェル: 透明なので、剃り残しを見つけやすく、丁寧な髭剃りを実現します。

フォーム(泡): 泡で剃りたい部分が分かりにくいというデメリットがあります。

肌への負担と肌質

ジェル: 比較的低刺激で、敏感肌の方にもおすすめです。保湿成分が含まれているものが多いのも特徴です。

フォーム(泡): 低刺激で肌を保護する効果が高く、乾燥肌の方におすすめです。洗い流しやすいというメリットもあります。

その他の特徴

香り: お好みの香りを選ぶと、より快適なシェービング体験ができます。

価格: 様々な価格帯の製品があるので、予算に合わせて選びましょう。

関連記事:Schick極KIWAMIを詳しくレビュー!敏感肌にも優しいカミソリ 

関連記事:肌に優しいT字髭剃りの選び方とおすすめ商品3選

どちらを選ぶべきか?

髭ジェルと泡は、それぞれに特徴があります。自分に合った製品を選ぶためには、以下の点を参考にしましょう。

肌質: 乾燥肌の方は泡が、脂性肌の方はジェルがおすすめです。

髭の濃さ: 髭が濃い方はジェルが、薄い方は泡でも問題ありません。

剃り心地: 滑らかな剃り心地を求める方は泡密着感のある剃り心地を求める方はジェルがおすすめです。

自分に合った製品を選ぶには

髭剃りには個人差があり、皮膚の状態や毛質によって適した剃り方が変わります。

肌質: 乾燥肌の方は泡が、脂性肌の方はジェルがおすすめです。

髭の濃さ: 髭が濃い方はジェルが、薄い方は泡でも問題ありません。

剃り心地: 滑らかな剃り心地を求める方は泡、密着感のある剃り心地を求める方はジェルがおすすめです。

サンプルを試してみる

ドラッグストアなどでサンプル品を試してみることをおすすめします。

自分の肌に合った製品を見つけることが大切です。

髭剃りシェービングジェルとジェルの使い方 

髭剃り用ジェルとジェルの使い方は、基本的には同じです。以下に、一般的な手順をご紹介します。

1. 肌の準備

洗顔: ぬるま湯で顔を洗い、皮脂や汚れを落とします。

タオルで拭く: 清潔なタオルで顔を優しく拭き、水分を軽く残します。

2. ジェルまたはフォームの塗布

適量をとる: 手のひらに、50円玉大程度のジェルまたはフォームを適量取ります。

顔全体に広げる: 指先を使って、顔全体にまんべんなく広げます。特に、髭が濃い部分は念入りに塗りましょう。

3. 髭剃り

カミソリを滑らせる: カミソリを肌に当て、軽い力で滑らせます。

髭の流れに沿って剃る: 髭の流れに沿って剃るのが基本です。逆剃りは肌を傷つける可能性があるので避けましょう。

水で洗い流す: 剃り終わったら、ぬるま湯でジェルまたはフォームをよく洗い流します。

4. アフターケア

化粧水や乳液: 肌に化粧水や乳液で潤いを与えます。

ポイント

肌を濡らさない: ジェルやフォームは、濡れた肌に塗ると効果が薄くなります。

力を入れすぎない同じ場所を何度も剃らない刃をこまめに変えるを意識してみてください。

意識しないと肌を傷つける可能性があります。

おすすめのシェービング方法

朝剃り: 朝剃りは、肌が柔らかいため、剃りやすく、剃り残しも少ないのが特徴です。

蒸しタオル: 顔を蒸しタオルで温めると、毛穴が開き、髭が柔らかくなります。

シェービングブラシ: シェービングブラシを使うと、泡が立ちやすく、肌への負担を軽減できます。

髭剃りにおすすめの泡とジェル3選 

髭剃りの泡とジェルには多くの種類があり、それぞれに特徴があります。 

ここでは、特に人気の高いおすすめの泡とジェルを紹介します。 

自分に合ったものを使うことで、さらに快適な髭剃りができます。 

泡部門おすすめはジレット スキンガード シェービングフォーム 敏感肌用 

髭剃り泡のおすすめはジレット スキンガード シェービングフォーム敏感肌用です。 

アロエ成分配合の泡がしっかりと肌に密着し、カミソリの滑りを良くしてくれます。

敏感肌用という名前の通りアロエのパワーで肌のひりつきを防ぎます。

米国の皮膚科医による敏感肌の男性向けのテストにも合格しているという点も安心ポイントの一つですよね。 

価格も手頃で、コスパの高さから多くの支持を集めています。 

高評価ジェル ZIGENパーフェクトスムースシェービングジェル 

ZIGENパーフェクトスムースシェービングジェルは、大分別府の温泉から発見された特許成分「海泉藻 RG92」を贅沢に配合し、髭剃りの痛みを和らげて肌を守りながら潤いも保ってくれる優れものです。

 無香料・ノンメントール・アルコールフリーの低刺激のため、敏感肌の方でも安心して使用できます。 

特許成分による肌ケアの効果はもちろんのこと、透明ジェルのため剃り残し無くシェービングできる点もポイントです。 

カミソリ負けから肌を守る【ZIGENパーフェクトスムースシェービングジェル】

まとめ|髭剃りの泡とジェルの違いと特徴 

髭剃りの泡とジェルには以下のような違いがあります。 

特徴シェービングジェルシェービングフォーム(泡)
泡立ち泡立たないきめ細かい泡立ち
滑らかさ高い滑らかさ、密着感やわらかい滑らかさ
透明性透明なので剃り残しが見やすい泡で剃りたい部分が分かりにくい
肌への負担比較的低刺激低刺激、肌を保護する効果が高い
適した肌質脂性肌、髭が濃い方、剃り残しを防ぎたい方乾燥肌、広範囲を剃りたい方、肌に優しいシェービングをしたい方
その他の特徴保湿成分が含まれているものが多い洗い流しやすい

メントール配合のものであれば爽快感はさらに増しますし、敏感肌の方にはノンメントールの商品もあります。 

髭剃りには個人差があり、皮膚の状態や毛質によって適した剃り方が変わるとされています。

自分の肌やライフスタイルに合ったグッズを選び、毎朝のルーティンを楽しく、最高のスタートが切れる習慣にしていきましょう。