注目キーワード
当サイトはアフェリエイトを利用しております

KEEN(キーン)の口コミは?メリット・デメリットを紹介 

KEEN(キーン)は2003年に、アメリカオレゴン州ポートランドで生まれたハイブリッド型のフットウェアブランドです。 

KEEN(キーン)のサンダルの特徴は、サンダルなのに靴のような形をしていることです。 

KEEN(キーン)のサンダルには、トゥ・プロテクトといわれるつま先を守る機能が搭載されています。 

サンダルなのに靴のような独特なデザインをしているKEEN(キーン)の口コミなどを紹介します。 

KEENサンダルをオシャレに履こう!!夏のサンダルはKEENで決まり!

KEEN(キーン)の口コミデメリット編 

高い機能性とファッション性を併せ持つKEEN(キーン)ですが、いくつかデメリットがあります。 

KEEN(キーン)のデメリットをいくつか紹介していきます。 

サイズ感 

KEEN(キーン)はアメリカ生まれのフットウェアブランドなので、サイズが大きい印象がありますが、思ったよりも小さく、細身になっています。 

そのため、素足で履くときと靴下を着用して履くときでは、サイズ感が異なります。 

KEEN(キーン)の店員さんによると、KEEN(キーン)のサンダルを履くのであれば、素足の場合は、いつも履いているスニーカーの+0.5cm、靴下を履く場合は+1cmと言われています。 

KEEN(キーン)のサンダルは、他のサンダルと違うといえ、サンダルなのでサイズ感には注意が必要です。 

モデルによっては乾きにくい 

KEEN(キーン)のサンダルにはモデルによっては乾きにくいものがあります。 

それはデザイン性に優れているKEEN(キーン)のユニークです。 

ユニークは足にフィットしやすいように、マイクロファイバー製の素材が使われているので、コードとアッパーに水が染みこみやすくなっています。 

そのため、ユニークで水の中に入ってしまうと、コードやアッパーの部分が水を大量に吸ってしまい、重くもなります。 

小石や砂利が入る 

KEEN(キーン)のユニーク、ヨギ、シャンティといったモデルは軽量で、通気性、クッション製にも優れているので、夏の時期にぴったりなサンダルですが、通気性を高めるために空いている穴やコードの間から小石や砂利などが入ってきてしまいます。 

サンダルや靴の中に小石や砂利が入ってしまうと、中で踏んでしまい、怪我をしたり、不快感に繋がりますよね。 

特に、アウトドアなどの山や川などといった、小石や砂利などが多い舗装されていない道では、高い確率でサンダルの中に入ってきてしまうそうです。 

つま先に痛み 

KEEN(キーン)はサンダルなのにつま先があるというメリットがある一方で、それがデメリットにもなってしまっています。 

普通のサンダルであれば、履き慣れていなくても、靴擦れやつま先や足の側面が痛くなることはありません。 

しかし、KEEN(キーン)のサンダルでは慣れるまでコードやトゥ・プロテクションでつま先に痛みを感じてしまうことがあるそうです。 トゥ・プロテクションとは:KEEN独自「つま先の保護機能」のことです。

特に、独特なデザインをしているユニークはつま先がコードに擦れてしまうので、痛みを感じる方が多いようです。 

しかし、KEEN(キーン)愛用者の方によると、はき慣れてくると段々、痛みを感じることが無くなり、1年後には全く、違和感がないそうです。 

【KEEN(キーン)】 アウトドア・フットウェアブランド

KEEN(キーン)の口コミメリット編 

KEEN(キーン)のサンダルは一足あれば、充分と言われるほど様々な場面で活躍してくれるサンダルです。 

KEEN(キーン)の良い口コミを紹介していきます。 

高い機能性 

KEEN(キーン)はサンダルなのに靴のようにつま先があるデザインをしています。 

そのため、サンダルを履いていてもつま先を守ることができるのが、最大のメリットです。 

KEEN(キーン)のサンダルの靴はつま先を守るだけではなく、海や川に入って水に濡れても、サンダルに染みこまず、素早く乾いてくれる素材が使われています。 

また、フィット感とクッション性に優れたモデルのサンダルもあり、どのシリーズも防水機能、高いグリップ性、クッション性、抗菌機能を併せ持っています。 

ファッション性 

KEEN(キーン)は様々な機能が付いているだけではなく、デザイン性にも優れており、街中でも履くことができます。 

サンダルなので、フォーマルな服装や場面には対応できませんが、カジュアルな服装にはとても良く合います。 

特に、KEEN(キーン)のユニークというモデルは変わったデザインをしています。 

シーンを選ばない万能性 

KEEN(キーン)のサンダルは高い機能性に加えて、ファッション性も兼ね備えているサンダルなので、街中、川、海、山、キャンプなどといった様々なシーンで履くことができます。 

特に、川や海などの水の中でも履けるということは非常に大きいメリットだと言われています。 

KEEN(キーン)のサンダルは水の中や滑りやすい川辺の岩などでも滑らないように、高いグリップ力があります。 

KEEN(キーン)のニューポートやユニークなどのモデルには、レーザーサイピングと言われる、ソールにギザギザを入れることで、グリップ力を高める加工がされているのです。 

ユニークは伸縮性のあるコードで、サイズ感を調節することができるので、誰の足にもピッタリ合うフィット感があります。 

超軽量 

KEEN(キーン)のサンダルはフィット感やクッション性に優れている一方で、超軽量というメリットもあります。 

靴を買おうとしたときに、重たく感じ、買うのは躊躇したなんてこともあると思います。 

しかし、KEEN(キーン)のサンダルのシャンティというモデルは、重さがわずか180グラムと超軽量になっています。 

一般的なTシャツの重さが200グラムなので、Tシャツよりも軽いサンダルなのです。 

KEEN(キーン)のサンダルは重さや機能性、ファッション性などに優れたサンダルになっています。 

KEEN(キーン)のメリット・デメリットまとめ 

今回はKEEN(キーン)のメリット・デメリットについてまとめてきました。 

KEEN(キーン)のサンダルには、他のブランドとは違う唯一無二の特徴があります。 

それは、サンダルなのに靴のように、つま先があって、つま先が守られていることです。 

つま先が守られているKEEN(キーン)のサンダルには、機能性やデザイン性に加えて、軽くて、様々なシーンで履くことができるというメリットがあります。 

その一方で、サイズ選びが難しいことや水に弱いモデル、小石や砂利が入りやすいという弱点もあります。 

また、つま先があるというKEEN(キーン)ならではの弱点も挙げられています。 

つま先があるため、履き慣れていないときには痛みを感じることがあるという意見もあるので、メリット・デメリットを理解した上で、購入するようにしましょう。 

KEEN オンラインショップ
5

KEEN公式オンラインショップは登山、トレイル、旅行、ウォーター(海·川)、シティー(街中)、ワークブーツなどを販売しています。
今人気のサンダルや登山など幅広く取り扱い中
詳しくは公式サイトから