注目キーワード
当サイトはアフェリエイトを利用しております

【コスパ重視】履き心地の良いボクサーパンツの人気ランキング!選び方のポイントも解説

あなたが、ボクサーパンツを選ぶ際に重要だと考えるポイントは何でしょうか?

デザインやブランドも気になりますが、「コストパフォーマンス」と「履き心地」も重視される要素ではないでしょうか。

今回は、コスパを重視しつつ、履き心地の良さで評価されているボクサーパンツをランキング形式で紹介します。

さらに、あなたに合ったボクサーパンツの選び方も詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

当記事を最後まで読んで、より快適な日常を過ごしましょう。

ボクサーパンツとは?

はじめに、ボクサーパンツとはどのような物なのか、簡単に解説していきます。

ボクサーパンツとは、伸縮性のある素材でできた男性用の下着です。

ボクサーパンツはその名の通り、ボクシング選手が着用するショートパンツから派生したものです。

ボクサーパンツの特徴は、肌に密着してフィットする短パン形状のデザインとなります。

また、ボクサーパンツの丈は一般的に足の付け根から太ももまでで、トランクスに近い形です。

さらに、ウエスト部分はゴムが入ったバンドになっていますが、最近では締め付けの少ないシームレスな商品も販売されています。

男性用下着には大きく分けて、「ボクサーパンツ」「トランクス」「ブリーフ」の3種類が存在します。

その中で、ボクサーパンツは男性の43%から支持されており、人気の高い下着なのです。

ボクサーパンツを履くメリット

では、実際にボクサーパンツを履くことで得られるメリットはあるのでしょうか?

まず、ボクサーパンツの1番の売りは、伸縮性のある生地から生まれるフィット感です。
ボクサーパンツは、身体にフィットする作りであるため、動きの邪魔になりません。

ですので、日常生活だけでなく、スポーツやトレーニングにも役立ちます。

また、身体にフィットしたズボンを履く際、ボクサーパンツなら下着がダボついてしまうこともないのです。

ボクサーパンツのメリットはフィット感だけではありません。

ボクサーパンツにもさまざまな種類があり、丈の長い物を選べば股ずれ防止にもなります。

他にも、トランクスやブリーフと比べ、デザイン性に優れているため、ファッションの一部として下着を着用できるのです。

しかし、ボクサーパンツのデメリットもあります。

ボクサーパンツのデメリットは、身体にフィットする代わりに、デリケートゾーンが蒸れやすいという点です。

ですが、ボクサーパンツにもさまざまな形状や素材があるため、蒸れにくい物を選べばあまりデメリットは感じないでしょう。

それでは、ボクサーパンツを選ぶとき、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

メンズボクサーパンツの選び方

ボクサーパンツは肌に直接装着するため、自分に合った物を選ぶ必要があります。

間違った選び方をすると、肌トラブルになる可能性もあるため、十分に気をつけましょう。

種類で選ぶ

まずは、ボクサーパンツの種類から紹介していきます。

大きく3種類に分けることができるので、あなたのライフスタイルや好みに合わせて選んでみましょう。


ボクサーブリーフ

ボクサーブリーフは、最もトランクスに近い形状であり、最も一般的なタイプになります。

ですので、トランクスからボクサーパンツに変えたいと考えている人は、一番最初に試してみるとスムーズに移行しやすいかもしれません。

ボクサーブリーフは、ストレッチ性のある素材を使用しているため、フィット感が高く動きやすいのが特徴です。

また、比較的リーズナブルな値段の商品が多いため、コストパフォーマンスに優れています。

ローライズボクサー

ローライズボクサーは、股上が浅めに作られている下着となります。
ローライズボクサーの特徴は、ウエストゴム部分にブランドのロゴが入っているものが多いところです。
ですので、ファッションの一つとして着用されることも多く、あえてウエストゴム部分を見せるという着こなしもできます。

「Calvin Klein」や「DIESEL」「Supreme」など、多くの有名ブランドもローライズボクサーパンツを販売しているため、男性へのプレゼントにもオススメです。

ロングボクサー

ロングボクサーパンツは、裾が長い形状が特徴的な下着です。

ロングボクサーパンツの丈は、太ももまである物や、長い物だと膝下まである物などさまざま。

丈が長い分、股ずれ防止にもなるため、スポーツやトレーニングをしている人にもオススメです。

さらに、機能性にも優れており適度にゆとりがあるため、デリケートゾーンが蒸れにくいというメリットもあります。

ロングボクサーパンツは、通常より丈がある分、防寒性にも優れているのです。

デメリットとしては、ゆとりがあり丈が長いので、タイトなズボンには合わせにくいため注意が必要です。

素材は重要な決定要素

次に、ボクサーパンツに使われている素材について紹介します。

素材は、肌トラブルに関わるポイントでもあるので、ぜひチェックしてください。


シルク・コットン

シルクやコットンは天然素材で、通気性に優れているのが特徴です。
また、優しい手触りなので、敏感肌の人や子供の下着にもオススメとなります。

季節問わず着用できる点も大きなメリットです。

シルク素材のボクサーパンツは、肌触りや高級感を求める人に。

コットン素材のボクサーパンツは、着用したときの肌当たりを重視する人に向いています。

ナイロン・ポリエステル

ナイロン・ポリエステルを使用したボクサーパンツは、速乾性に優れており、汗をかいても蒸れにくいのが特徴です。

日常生活だけでなく、スポーツやトレーニングをする人にもオススメできます。

さらに、シワになりにくい特性もあるため、耐久性が高く長く愛用することができるのです。

ただし、ポリエステルは匂いや汚れを吸着しやすい性質があるため、他の服への匂い移りなどに注意しましょう。

レーヨン

最後に、レーヨンをしようしたボクサーパンツです。

レーヨンは柔らかい肌触りと、優れた吸湿性、吸水性が特徴になるます。
また、光沢感がある素材なので、高級感を演出することも。

しかし、水に濡れると繊維の強度が下がってしまうため、長時間水につけてはいけません。

レーヨン素材のボクサーパンツを洗濯する際には、注意しましょう。

自分に合うサイズを選ぶ

ボクサーパンツを選ぶ際のポイントとして、あなたに合うサイズの下着を選ぶことが大切です。

とくに、ウエスト部分のサイズを目安に選ぶことをオススメします。

ウエスト部分が大きすぎると、下着がズレてしまうことや、小さすぎると締めつけが強く肌トラブルにもなるのです。

また、海外ブランドと日本ブランドでは、サイズ表記が異なります。
とくに、アメリカ製のものは日本製のものと比べ大きめに作られていることが多いため、注意しましょう。

ブランドで選ぶ

最後に、ボクサーパンツを選ぶポイントとして、ブランドで決めるのもオススメです。

先ほど紹介したとおり、「Calvin Klein」や「DIESEL」など有名ブランドがボクサーパンツを販売しています。

とくに、ローライズボクサーはウエスト部分にブランドロゴが入っている商品が多いため、好きなブランドを選ぶことで、ファッションの幅が広がります。

また、男性に向けたプレゼントとしても重宝するので、お気に入りのブランドを贈ってみてはいかがでしょうか。

【最新】コスパ抜群!メンズボクサーパンツ7選を紹介!

では、男性におすすめのボクサーパンツをランキング形式で紹介していきます。

ランキング内では、【おすすめ度】【かっこよさ】【人気度】を星の数で評価しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ユニクロ

エアリズムボクサーブリーフ/前開き

(画像引用:ユニクロ

ユニクロのボクサーパンツは、品質と価格のバランスがとれており、コストパフォーマンスのよいボクサーパンツとなります。

幅広いユーザーからの支持も受けており、評価も高いです。

ユニクロのボクサーパンツは種類も豊富で、エアリズムシリーズやコットン素材、冬場にはヒートテックなど品揃えが充実しています。

また、デザインも無地からカラフルな物まであり、バリエーションも豊かと言えるでしょう。

オススメポイントは、機能性溢れる下着でありながら、1枚990円から購入できる点です。
さらに、エアリズムやヒートテックなど、季節に合わせた下着が選べるのも大きなポイントとなります。

おすすめ度:★★★★★

かっこよさ:★★★☆☆

  人気度:★★★★★

2位:MOSKOVA(モスコヴァ)

(画像引用:MOSKOVA

M2S POLYAMIDE Red Skulls (ドクロ/スカル/黒/赤/ブラック/レッド)

MOSKOVAのボクサーパンツは、独自のマルチプルパネルで、身体のラインに合わせたシームレスな縫製を実現しています。

さらに、左右縦横に伸縮性があり、身体の動きを邪魔しないのも特徴です。
独自の技術により、どんな体勢になってもズレにくく、より快適な装着感を味わえます。

また、ウエスト部分のロゴは立体的な作りとなっており、ファッションとしての役割も非常に高いです。

1枚の値段が約5000〜とやや値は張りますが、締めつけ感も少なく、値段以上の履き心地があるボクサーパンツです。

おすすめ度:★★★★☆

かっこよさ:★★★★☆

  人気度:★★★★☆

3位:Calvin Klein(カルバン・クライン)

[カルバンクライン] ボクサーパンツ メンズ 3枚セット ローライズ 無地 ロゴ ローライズ丈 3枚組 セット 黒 白 CK 下着 男性 アンダーウェア COTTON STRETCH (NB2614) [並行輸入品]

(画像引用:Amazon

Calvin Kleinのボクサーパンツは、スタイリッシュで高品質な下着として人気があります。

Calvin Kleinのボクサーパンツの素材は、コットンブレンドやマイクロダイバーなど肌触りのよい商品、速乾性に優れた商品が多いです。

また、ウエストには「Calvin Klein」のロゴが入っており、ファッション性が高いのも特徴となります。

Calvin Kleinのボクサーパンツは、身体に沿った立体的なカッティングにより、自然なフィット感を実現しているのです。

さらに、幅広に作られたウエストバンドにより、どんな体勢でもズレにくく、機能面でも高い評価を得ています。

ファッションにこだわりがある人には、オススメの商品です。

Calvin Kleinのボクサーパンツは、1枚約5000円〜購入が可能です。

おすすめ度:★★★★☆

かっこよさ:★★★★☆

  人気度:★★★★☆

4位:無印良品

紳士 なめらか 前閉じローライズボクサーパンツ

(画像引用:無印良品

無印良品のボクサーパンツは、シンプルで機能的なデザインです。

また、高品質であり、オーガニックコットンやストレッチコットンなど、肌に優しい素材を使用しています。

無印良品の特徴でもある、装飾やロゴの控えめさも人気のポイントです。

ですので、さまざまなシーンに合わせやすく、使いやすいボクサーパンツとなります。

価格は、1枚約800円とお手頃な値段設定も無印良品ならではのコストパフォーマンスです。

おすすめ度:★★★☆☆

かっこよさ:★★★☆☆

  人気度:★★★★☆

5位:DIESEL(ディーゼル)

[ディーゼル] ボクサー パンツ メンズ 3枚組 3枚セット 3P 5枚組 5枚セット 5P [並行輸入品]

(画像引用:Amazon

DIESELのボクサーパンツは、独自のデザインと高い品質が人気の下着です。

DIESELの特徴は、スタイリッシュなデザインと鮮やかな色合い、独自のプリントになります。

DIESELは世界的に有名なファッションブランドでもあり、ウエスト部分のロゴを通じて、高いステータスを感じることができるのもオススメの1つ。

ファッション性が高いため、おしゃれ好きな人へのプレゼントにも。

価格は1枚5000円以下で購入できる商品もあるため、コスパも良いです。

おすすめ度:★★★☆☆

かっこよさ:★★★★☆

  人気度:★★★★★

6位:GUNZE(グンゼ)

[グンゼ]ボクサーパンツ ボクサー 前開き the GUNZE ローライズ 消臭 メンズ CK9081N 吸湿 アンモニア臭対策

(画像引用:Amazon

GUNZEは、日本の老舗メーカーで素材選びや縫製技術において厳格な基準をもっています。

GUNZEのボクサーパンツは柔らかい肌触りの良い素材を使用しており、耐久性も高いです。

そのため、敏感肌の人にも優しい製品を多く販売しています。

また、通気性や吸湿性にも優れており、汗をかいてもさらっとした状態を保ちやすく機能面にも優れています。

GUNZEのボクサーパンツは、日本製という安心感もありながら、1枚2000円以下で購入できコストパフォーマンスも良い商品です。

おすすめ度:★★★☆☆

かっこよさ:★★★☆☆

  人気度:★★★☆☆

7位:GU

image-0

(画像引用:GU

GUのボクサーパンツは、伸縮性のある生地でストレッチ性に優れ、肌にフィットします。

また、吸水性にも優れ、抗菌作用もあるためシーズン問わず着用が可能です。

さらに、サイズ・カラー共に6種類あり、自分に合ったボクサーパンツを選べます。

GUのボクサーパンツは、1枚約500円から購入でき、コスパの良さが際立ちます。

しかし、縫製などは値段相応な部分もあるため、高品質なボクサーパンツが欲しい人は注意しましょう。

おすすめ度:★★☆☆☆

かっこよさ:★★☆☆☆

  人気度:★★★☆☆

まとめ

今回は、履き心地のよいボクサーパンツをランキング形式で紹介しました。

ボクサーパンツは、男性用下着の中でも人気が高く、フィット感とデザイン性が多くの支持を得ています。

また、ボクサーパンツは伸縮性のある素材で作られているため、身体の動きを邪魔せず、日常生活やスポーツでも履くことができるのです。

さらに、フィット感が高いことで、スリムなズボンを履く際も下着がダボつかないメリットがあります。

ただし、ボクサーパンツは、蒸れやすいため注意しましょう

デメリットに関しては、蒸れにくい素材やデザインを選ぶことで軽減できます。

他にも、当記事をまとめると

ボクサーパンツを選ぶ際は、種類、素材、サイズ、ブランドを意識する

・素材にはシルクやコットン、ナイロン、ポリエステル、レーヨンなどがある

・有名ブランドを選ぶとファッションとしても楽しむことができる

・海外製は日本製と比べサイズ表記が異なるため注意が必要

となります。

あなたのライフスタイルや好みに合ったボクサーパンツを見つけ、快適な日常を過ごしましょう。

当記事があなたのお役に立てることを願っています。