注目キーワード
当サイトはアフェリエイトを利用しております

メンズの帽子カラーの選び方-帽子の色選びのお悩みはこれで解決!

皆さんは帽子を選ぶ際に何に気を付けて選んでいますか?

頭の形に合うのか、つばありにしようか、子供っぽくみえないか、季節感はあるのか、洋服と合っているかなど色々な観点から帽子選びをされるかと思います。

今回は「色」について着目して、ご紹介していきます。

この記事を読めば、帽子選びの際に色で選ぶことができるようになります。

迷ったらベーシックカラー

様々な色の帽子がある中、色で迷ってしまったら、ベーシックカラーを選んでおけば間違いありません。

ベーシックカラーとは、ブラック、ネイビー、ホワイト、ベージュなどです。

ベーシックカラーだと面白みがないファッションになるのではないかとご心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、心配不要です。

そもそも帽子自体がファッション全体において目立つ存在なので、ベーシックカラー以外の色を選んでしまうとファッション全体のバランスを取ることが難しくなり、かえって似合わないファッションになりがちです。

ストライプのポロシャツに、7分丈のパンツに、柄物の青色の帽子といったようなファッションを見たことがないでしょうか?

各々はオシャレでもすべて一緒にしてしまうことでオシャレを台無しにしてしまいます。

その為、帽子はベーシックカラーにしてしまうことが無難です。

それぞれ代表的なベーシックカラーの特徴は以下の通りです。

ブラック:一番ベーシックで合わせやすく、全体のバランスも取りやすい色です。他の小物などで差し色を入れるなど、帽子以外で色味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ネイビー:服もブラックコーデになっており、帽子までブラックとなると暗くなりすぎてしまうという場合におすすめです。少しメリハリがつくのでファッション全体に立体感が生まれます。とはいえ、ベーシックカラーですのでファッション全体のバランスを取ることは容易なのでおすすめです。

ホワイト:ファッション全体に抜け感がほしい場合に使うと良い色です。暗めの服に合わせることは難しいですが、服全体が明るめの場合、ホワイトはとてもよく合うのでおすすめです。また真っ白だと少し抵抗があるという方はオフホワイトなどホワイトの中でも少し工夫された色を使うことでこなれている感じが演出できます。

ベージュ:ベーシックカラーの中でもカジュアルな印象を与えることができます。顔なじみも良いので合わせやすい色です。ブラックやホワイトなどで少しつまらなさを感じているのなら、ベージュに挑戦してみるのもいいと思います。

中級者以上はパーソナルカラーで帽子の色選びに挑戦!

皆さんパーソナルカラーをご存知でしょうか?

パーソナルカラーというのは人それぞれの肌の色、瞳の色など個性に対してパーソナルカラーとして分類することができ、それぞれの分類別によって名前がつけられています。

サイトによっては何種類もパーソナルカラーがあるように紹介されていますが、今回はわかりやすく「イエローベース」「ブルーベース」の2種類で話を進めます。

それぞれのパーソナルカラーによって、似合う色、その色によりどんな印象を与えることができるかが異なっており、帽子の色選びにおいてこのパーソナルカラーを用いることで、一段上のファッション、帽子選びをすることができます。

自分のパーソナルカラーを知ろう

まずは自分がどちらのパーソナルカラーかを知る必要があります。

ネット上には様々なサイトがあり、自分のパーソナルカラーを調べるツールがあるので、詳細を知りたい方は別サイトにて診断してみてください。

パーソナルカラー診断をする

ここでは簡易的な診断方法をご紹介します。

それは手のひらの色を確認することです。

手のひらが黄色っぽい人はイエローベース、白・赤・ピンクの人はブルーベースです。

これで皆さん自分のパーソナルカラーがわかったと思います。

ではそれぞれのパーソナルカラーではどんな色が良いのでしょうか。

イエローベースは暖色系の色、ブルーベースは寒色系の色が良いとされています。

暖色系とは、赤・オレンジ・黄・茶などであり、ブルーベースは、青・グレー・ネイビーなどです。

パーソナルカラーと色味を合わせることによって、顔色が良く見え、結果的に好印象に見えることから、イエローベースは暖色系、ブルーベースは寒色系が良いと言われています。

反対にパーソナルカラーと色味が異なる場合、例えばイエローベースの方が青色の帽子を被ると、顔色が悪く見えたり、暗い印象を与えたりしてしまうので、避けるべきと言われています。

もし、パーソナルカラーと色味が異なる色の帽子を被りたい場合は、なるべくパーソナルカラーの要素を足した色にしてみると似合うかもしれません。

この場合は、通常よりも明るめの青の帽子を被ることがおすすめです。

パーソナルカラーは髪色に合わせてもOK

パーソナルカラーの他に髪色に合わせて色選びすることも有効的です。

髪色が明るく、暖色系であれば、帽子も暖色系で、髪色が暗めもしくは黒髪の場合は寒色系といった具合です。

ただし、短髪の方が多い男性は帽子から髪が出ることが少ないので、その効果は限定的であり、長髪の方が多い女性が髪色に応じて帽子を決めることが効果的です。

まとめ

メンズの帽子カラーの選び方をご紹介してきました。

帽子を被る理由は様々かと思います。

日差し避けのために被る方もいれば、オシャレに磨きをかけて被ろうと決意した方もいらっしゃるかと思います。

どちらにしてもせっかく帽子を被るのであれば自分に合った帽子を被りたいですよね。

かく言う私もオシャレになりたくて、帽子を被りたいと思った時期が何度もありましたが、実は、帽子が似合わないと昔から周りに言われてきました。

兄も帽子が似合わないと言われているそうなので、家系的に似合わないのかと思っていました。

しかし、帽子屋さんで相談したところ、前髪を少し出すように被ると、印象が変わりますとアドバイスされて実践したところ、確かに印象が変わり、帽子を人前で被れるようになりました。

今回紹介した色以外にも帽子を着こなすテクニックはたくさんあるので、皆さんもぜひ色々調べてみて挑戦してみてください。

また、帽子単体で見るのではなく、帽子以外のファッションアイテムとのバランスを見て色選びすることで、オシャレにかっこよく着こなせるはずです。

冒頭でご紹介した通り、まずはベーシックカラーの帽子から始めてみて、慣れてきたパーソナルカラーの基本情報をもとに様々な色の帽子を被ってみてください。

この記事が参考になり、皆様が一段上の男性になれることを祈っています。